ナスの簡単栽培法

家庭菜園を簡単に楽しめる野菜、今回はナスです。

ナス Egg Plantナス科

▶ 生で食べられるナスの旨みは衝撃的です!カサブランカの町

ナス栽培のコツ【永田農法で旨味を引き出す】
◆ 元肥と追肥は必要なし。週に一度の液肥で栽培。
◆ 主枝、側枝の3本仕立てにする。
◆ 高温を好むので、気温がある程度上がってから植えつける。
◆ 接木苗を利用する。
永田農法役立ちグッズを活用。

● 種まき:  ナスの家庭菜園なら苗の購入がおすすめ 
● 植えつけ: 4月中旬~5月中旬
● 収穫:   6月上旬~10月中旬
※時期は岐阜県恵那市(高冷地)を目安にしています。

ナスの栽培法

ナス栽培の実践記録

1. 苗を選ぶ

家庭菜園でナスを育てるときは、苗を購入してしまうことをおすすめします。種から苗まで成長させるのに時間がかかりますし、ポイントにも出ている「接木苗」を利用するからです。

病気にかかりやすいナスを家庭栽培で簡単に育てるなら、「接木」がおすすめです。接ぎ木とは、病害虫に強い台木にナスの苗を接いだもので、連作障害減少にも役立ちます。

2. 植えつける

畝は、【永田農法の基本:植えつけ準備】でも説明している通り、30cm程度の高畝にし、一週間前にケイ酸をまいておきます。そして、黒マルチで育てる方は、マルチも被せておきましょう。そうすることで、植えつけまでに地温を上げておくことができます。

黒マルチを使用しない方は、くん炭を準備しておくと定植後の作業が楽になります。マルチやくん炭は乾燥や雑草対策に大きな力を発揮します。

購入した苗をポットから取り出したら、ついている土を全て洗い流し、畝に余計な肥料を入れないようにします。

詳細は【永田農法の基本:植えつけのポイント】で解説。
そして2-3cmを残して根を切り落とします。切ることで、養分の吸収力を高めるのです。

これで家庭菜園を簡単にするナスの植えつけ準備完了です。

3. 植えつけ後の手入れ

苗の横に60cm程度の支柱を立て、茎と支柱をひもでつなぎとめます。その際、ひもが「8の字」になるようにゆるく結びます。
黒マルチを使用しない方は、ここでくん炭を敷き詰めます。
詳細は【永田農法の基本:植えつけ後のポイント】で解説。

4. 3本に仕立てる

5. 収穫

6. 剪定

ナス Egg Plant 【ナス科】

テストです

野菜の力を引き出す農法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント
    アーカイブ